OTOKO-MICHI LIFE

世の中にあふれる モノ のなかから
これはと思う モノ を語る  
あるいは ちょっと一言
OTOKO−MICHIによる
モノ生活発信ブログ
OTOKO-MICHI LIFE
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
ウィリーはとくべつ
評価:
紀伊國屋書店
¥ 1,529
Amazonランキング: 99942位
ノーマン・ロックウェル。

20世紀を代表する、アメリカの誇るイラストレーター。

本国のみならず非常に人気ですよね。僕も好きです。


ロックウェルと言えば、軽妙洒脱な視点で日常を切り取った
(思わず微笑んでしまいそうな)イラストが思い浮かばれますが、
こちらは、ロックウェル作の絵本。「ウィリーはとくべつ」

鳥(ツグミ)が主人公のお話ですが、実に生き生きと描かれています。
(そうそう、ロツクウェル自身も絵の中に描き込まれています。
 作中のロックウェルを探してみるのも一興!)

訳は谷川俊太郎。


−余談ですが、大分 湯布院にロックウェル美術館があります。
 こじんまりとした雰囲気良い美術館ですので湯布院に行かれたらどうぞ!

クロキ
| OTOKO-MICHI | BOOK | 18:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
一杯の珈琲から (創元推理文庫 508-3)
評価:
E.ケストナー
東京創元社
¥ 504
Amazonランキング: 62466位
Amazonおすすめ度:
エーリッヒ・ケストナーは1899年、ドレスデン(かつての東独)のノイシュタットに生まれたドイツの詩人・作家である。

作風は非常に多岐に亘り、シニカルなものを書いたかと思えば、本作のように恋愛を対象としたものを書いたりする。

また、大戦前に発表した子供のための小説『エーミールと探偵たち』や『飛ぶ教室』で、児童文学作家として世界的に有名になった。

だからといって、本ブログで紹介するからには当然、「子供のための小説」は書くが、「子供だけのための作家」ではない。

第2次大戦前から、自由主義を擁護しファシズムを非難していたため、ナチスが政権を取ると、ドイツ国内での全ての執筆表現を禁じられた。

ケストナーはユダヤ人の血を引いているが「自分はドイツ人である」という誇りから、亡命を拒み続けて偽名で脚本などを書き続け出版した。

ナチス政権によって自分の著作が焚書の対象となった際に、敢えて自分の著書が焼かれるところを見物しにいったという無骨なエピソードを残す。

本書の内容は、敢えて割愛するが、こういう男が書くロマンチックなラヴ・ストーリーなのだから、これは是非、あなたの素敵な人に読ませて貰いたいと思うのだ…ラブ


ノガミ
| OTOKO-MICHI | BOOK | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
まだある。今でも買える“懐かしの昭和”カタログ~食品編~ (大空ポケット文庫)
「まだある。」シリーズ第一弾『食品編』

どれもが記憶にあるものばかり。
しかもまだ売られているという。懐かしい...

新しく世に出る食品、はたまた消えていく食品、
そんななか、ず〜っと残っている食品たちを
集めたカタログ。

明治製菓「カルミン」...
ライオンバターボール...
セコイヤチョコレート...

などなど.....

しみじみ思い出がよみがえるのです。



マツオカ



| OTOKO-MICHI | BOOK | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブラック・ジャック 全17巻(秋田書店・漫画文庫・化粧箱セット)  手塚治虫
天才無免許医、ブラック ジャック

医者のなかでは嫌われ者、天才的な腕をもつが
無免許医、しかも法外な医療費を要求し...

全17巻。

一話完結のストーリーは、どれも秀逸。
発表から30年経っても、そのリアリティは色褪せない。
社会性のあるストーリーの人間ドラマ。

もはやマンガの域を超え、燦然と意識の中に実在するかの
ごとく輝きつづける存在。
BLACK JACK。

何年経って読み返してみても、同じ感覚を味わうことが
できるだろう。








| OTOKO-MICHI | BOOK | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
四国はどこまで入れ換え可能か (新潮文庫)
評価:
新潮社
¥ 620
Amazonランキング: 21843位
Amazonおすすめ度:
おなじみ佐藤雅彦によるショートコミック集。

「こしょうVS塩 来々軒5番テーブルにて−」
「新・新米刑事−ダイニングメッセージ−」
などなど、日常のそんなところにストーリーが?!
ってところのストーリーをマンガで表現。
(1つのストーリーは1コマ〜長くても20コマくらい)

思わず「そっちかよ」とツッコミたくなる
オチがツボにはまっちゃうんです。
この人の発想にはいつも感心。

スキマから笑いが忍び込んできて
いつの間にか大笑い。

読み返してみてまた笑っちゃいました。
効き目 大。

マツオカ
| OTOKO-MICHI | BOOK | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
村上ソングズ
評価:
中央公論新社
¥ 2,310
Amazonランキング: 1239位
Amazonおすすめ度:

JAZZ、スタンダード、ロックの名曲を、村上春樹が訳し、
和田誠が挿絵をつける。
互いの歌に対する愛情が滲み出たような作品です。

多彩な趣味人として知られる2人ならではの選曲。

知っている歌・知らない歌に限らず、興味がそそられます。

和田誠の装丁も相変わらず、見事!

クロ


| OTOKO-MICHI | BOOK | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
女たちよ! (新潮文庫)
評価:
新潮社
¥ 500
Amazonランキング: 28146位
Amazonおすすめ度:
今回のレビューを書くにあたり、Amazonにて検索をかけて、まず、「何だ…この変な表紙は…」というのが感想。

恐らく伊丹本人のイラストなんだろうが、以前の矢吹申彦の表紙画が、(出来はまた別にして)非常によくイメージとマッチングしていたので、本人が生きていれば絶対に認めなかったであろうこの変更は、ひとこと言っておきたいところ。

さて、昨年(没後10年)の記念館OPENから、少しづつメディアへの再露出(本質的な意味での再評価に繋がることを期待)も増えてきた、大人子供大人の元日本代表エース、ご存知、伊丹十三の代表エッセイです。

一頁目から

別れた妻
そうして
まだ見ぬ妻たちへ


という、全ての女性&恥ずかしながら女難の相から逃げ切れない一部男性たちへ送られる一大散文詩(!)のようなエッセイ集。

―本書の効用は…
うら若き女性は、自分が何故愛されるのか?また何者に依って、どう愛されるべきなのか?が分かります。
一部男性は、きちんと過去を懺悔し、それでも何かを愛しながら、強く明日を生きてゆく勇気が湧きます(端的に言うと、彼女達が去っていった理由が解ります…)。


しかし30代後半で、これくらい才気に溢れ、かつ核心を掴んだ人間が、それでも自ら命を絶つという事実こそが、人生の難解さと手強さを、何より表してると思います。


ノガミ
| OTOKO-MICHI | BOOK | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジス・イズ・パリ
評価:
ブルースインターアクションズ
¥ 1,680
Amazonランキング: 21890位
Amazonおすすめ度:
チェコの絵本作家、サセックの全世界主要都市観光絵本の決定版!

入念な取材に基づいて描かれた風景の数々、
ソフィスケイトされた人物、多彩な色使い!素敵ですねぇ。

様々な国が描かれています。一度、ご覧あれ!

-海外旅行のお供にもどうぞ(笑)参考までにParis!
| OTOKO-MICHI | BOOK | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
かまどさん 二合炊き(直火専用)
かまどさん 二合炊き(直火専用) (JUGEMレビュー »)

長谷製陶の「かまどさん」/一合炊き・三合炊きなどあり
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
フィニアンの虹
フィニアンの虹 (JUGEMレビュー »)
サントラ,フレッド・アステア,ペトラ・クラーク
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
夢の日々〜SERIOUS AND JOY〜
夢の日々〜SERIOUS AND JOY〜 (JUGEMレビュー »)
真心ブラザーズ,島田昌典,YO-KING,桜井秀俊,星勝,鈴木茂,石川鉄男
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+  

←こちらもクリックお願いします!
+ 姉妹ページ

サーチ 本ページ共々、姉妹ページをよろしくお願いします!!!


ちょっと息抜き・・・おもしろブログ

おもしろ動画やおもしろネタなど... 時計   →  NEWおもしろおかしく OTOKO-MICHI


グルメ情報発信ブログ        →  NEWOTOKO-MICHI グルメ


+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE